<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

弟(?)の結婚式

29日、土曜日、娘と一緒に結婚式に出席して来ました。 
カナダ人の彼は8年前に久留米に来ました。私の英語の元先生で、娘の現先生です。
久留米に来た時には殆ど日本語を話せず、日本人独特の習慣に戸惑い
苦労した時期もありましたが、今はすっかり「日本人」になっています。
問題が起きた時や、理解できない事柄の説明、日本(久留米)のしきたりを教えたり
色んなパーティ(外国の人はパーティ好きですから)の準備や手伝い...
私の事を「日本のお姉さん」として、彼とは公私ともに良いおつきあいを続けて来ました。

彼から式でのスピーチを頼まれたのは2週間程前です。
「友人としてのスピーチ」だと思って、軽い気持ちで「いいよぉ〜〜」と受けました。
友人のスピーチなんて、飲食の最中だから、真剣に聞いてるなんてそんなにいないし、簡単でいいかな?なんて思っていました。
でも、だんだん式が近づいて来るにつれて「やっぱ、恥かかない位にはしておいた方がいいよね。」と思い、式当日の朝、5時に起きて一通り、真剣に考えました。

そして、会場に着き受付を済ませ座席表を頂き、式次第を見て、ビックリ!!!!!
『一、来賓祝辞        新郎側    信國 安城子様』????
しかも、スピーチのトップバッター! 乾杯前の皆がシ〜ンとしている時!
彼は「来賓」の意味がわかっていなかったんじゃないかしら...
というより「来賓」の意味を教えていなかった!と後悔しました。
と同時に、真剣に考えてて良かったと安堵しました。

多少、緊張しましたが滞りなく終わり、彼からも「感動したよ。ありがとう。」と言ってもらったので「姉」としての役目も無事果たせました。
その後は、リラックスしておいしいお酒をたくさん頂けたのは言うまでもありません。
彼らしい「人前式スタイル」の楽しい結婚式でした♪



f0139016_9541457.jpg
f0139016_948694.jpg
    幸せなリエちゃんとアンドリュウ
[PR]

by pincusion | 2008-03-30 09:56 | 日記

卒業式

今日は娘の卒業式でした。
お天気は快晴でしたが、風は強く少し肌寒い一日でした。
体育館での式典では薄手のコートが脱げませんでした。

卒業式は小学校、中学校に次いで3回目になりますが、
毎回、娘の名前が呼ばれ、「はい」という声を聞くと、込み上げて来るものがあります。
6年前の春、ほとんどのお友達が普通高校へ進学する中、ただ一人「高専」へと
進んだ娘でしたが、その選択は間違っていなかったと痛感しました。
3年生の時、1年間の留学の為休学し、1年後輩が同級生になりましたが
「馴染めるかしら...」と心配した私を尻目に、「同級生が倍になった...」と平然としたものでした。
元来、「小さなことは気にしない」、「人は人」、「マイペース」の娘ですが、
多くの友達に慕われ、先生方にはかわいがってもらい、すばらしい学生生活だったようです。
式のあとに行われた懇親会で、友達、先生方と笑顔で会話している娘を見ていて、
「感無量」と「安堵」の気持ちが込み上げてきました。

娘には、まだ2年間の大学生活がありますが、しっかり勉強し、たくさん旅をして、
今のままの「マイペースな娘」でいて欲しいと願っています。
[PR]

by pincusion | 2008-03-26 23:41 | 日記

筆まめな生徒さん

北九州から月に一度のレッスンに来られる生徒さんがいらっしゃいます。
高速バスで約2時間かけてです。
その生徒さんからレッスンの2,3日前に必ず1枚のはがきが届きます。
前回のレッスンからの近況や作品の進み具合、今度のレッスンを
楽しみにしてらっしゃる様子などが綴られています。
レッスンに来られるようになって、2年近くになりますが、欠かさず届いています。
まさに「定期便」です。ありがたいことです。

また、友人から突然頂く、思いがけないお手紙もとっても嬉しいものです。
今時は大抵の事はメールでのやり取りがほとんどなのに
ペンを取り、文字を書くという行為には、やさしさまで伝わって来る気がして
嬉しさもひとしおです。
文章の長い、短いは関係なく、素直に心が温まるものです。

私も手紙を書きたくなりました。
[PR]

by pincusion | 2008-03-21 22:12 | 日記

頑張り過ぎ??

4,5日前から左足の膝の内側に痛みを感じています。
右足首は2,3週間前に駅の階段を踏み外し転んだ時に痛め
まだ、治っていません。
多少我慢できたので、フィットネスクラブでは何も言わずやっていましたが
ここに来て、歩くだけでも痛みを感じるようになりました。
さすがにこれは言わないとまずいかな?と思い申告したら
「頑張りすぎたんじゃないですか?」と言われ、しばらくの有酸素運動禁止を
言われてしまいました。(泣)
全然頑張ったつもりはないのに...

それから毎晩、シップを貼り、炎症止めを飲み、一日も早く運動できるように
別の意味で頑張っています。
今日あたりそろそろ行ってみます。
痛みが出ないことに期待して...
[PR]

by pincusion | 2008-03-18 14:01 | 日記

1週間がたちました。

私の一人娘の優が卒業旅行に旅立って1週間が経ちました。
滞在地に到着した時に「着いたよ。」の電話が1本入ったっきり
何の音沙汰もありません。
何をして過ごしてるのか、さっぱりわかりません。
私に似ず、しっかりしている娘なので特に心配はしていませんが、
何の連絡もないのは些か淋しくもあります。
「便りがないのは元気な証拠」でしょうが、
この4月からは大学進学の為、横浜へ旅立って行きこのまま、音沙汰なしの生活になるのでしょう?
自分のやりたい事を思いっきりやって、楽しんでくれればいいと思っています。

私も作品作りの締め切りが近づいて来てます。思いっきり仕事しなきゃ!!
[PR]

by pincusion | 2008-03-14 21:37 | 日記

イメージチェンジ!

ブログを始めて約1年が経とうとしています。
他愛もない私の日常を綴っています。
この度、このブログのすべてのお世話をしてもっらてる「頼りになるM氏」に
お願いして壁紙の色などを変えてもらいました。
おおよそのイメージを伝えただけの「依頼」に素早く答えて頂きました。

私の第一声、「すごーい!変わってる〜!!」

この場をお借りしてお礼を言わせてください。
「ありがとうございます♪ これからもよろしくお願いします。」

ブログは2年目に入りますが、これからも気負わず書いて行きたいと思います。

P.S  Mさんへ...今度はお仕事の話もしましょうね!
[PR]

by pincusion | 2008-03-12 18:29 | 日記

うれしい再開!

毎日のお店での教室以外に、ブリヂストンさんが運営している
カルチャースクールに午前中出かけて教えていますが
その帰りに時々ランチに立ち寄るお店がありました。
「平麺屋」(ひらめんや)と名付けてあるのですが、自家製のうどんの麺を打ち
いろんな味付けで提供されるのですが、普通の「うどん屋」ではありません。
手打ちのうどん麺は、きしめんの様に平であったり、パスタの様に細かったり、
いろんな形をしています。
それぞれの味付けにあった麺を使われるそうです。
そのお店が1年ちょっと前に、ご主人がご病気で閉められてしまいました。
私の知る限りでは、久留米には他にない「うどん屋」さんでした。
私のお気に入りメニューは「もやし焼きうどん」「コチジャンうどん」「五目あんかけうどん」etcでした
「もやし...」はもやしたっぷりの焼きそば風ですが、すこし酸味のある味付け、
「コチジャン...」は和風だしにコチジャンの辛みの効いたスープにシャキシャキの
もやしがトッピング
「五目...」はお野菜たっぷりのあんかけまだ固まっていないたまごがのっています。
毎回どれをいただくか悩んでいました。(もちろん他にもメニューはたくさんあります)
そのお店が、再開したことをタウン誌で知った時、喜びました!
早速、先日行ってみました。
お店は改装してあって、当時お手伝いをしていた若い方が引き継いでありました。
夜の時間がメインで、ランチメニューは限定で「五目...」と「牛スジスープカレーうどん」だけになっていました。
「もやし」「コチジャン」がない....
少し残念でしたが、以前と変わらない麺の形と味に満足の一皿をいただいてきました。
また、出稽古のあとに寄りたいと思っています。
[PR]

by pincusion | 2008-03-08 21:43 | 日記

3月になりました。

もう3月になっちゃいました!
早いですね〜
2月は久しぶりにのんびりと過ごしたような感じがします。
そろそろ、通常モードに戻らねば...
3月、4月締め切りのお仕事も決まったことですし。
それから、娘の卒業式、お引っ越し、入学式と
プライベートな行事も目白押しですから。
今、一番の気がかりは、お布団の買い求め方です...
[PR]

by pincusion | 2008-03-02 22:32 | 日記